名古屋で受けられる女性専門の薄毛治療

薄毛は男性にのみ起こると思われがちですが、年齢を重ねると女性の中にも薄毛に悩まされる人が増加します。髪にボリュームがなくなり地肌が透けて見えたり、分け目の幅が広くなったりと、コンプレックスに感じる人も多いようです。

そこで、薄毛に悩んでいる女性のために、名古屋で受けられる女性専門の薄毛治療についてご紹介しましょう。

名古屋市の皮膚科や病院で受けることができる薄毛治療とは

女性の薄毛と男性の薄毛は原因が異なることがある

薄毛が気になり始めた女性の中には、旦那さんの育毛剤をこっそり使っているという人もいるでしょう。しかし、旦那さんには効き目のある育毛剤でも、自分には全く効果がないと不思議に感じていませんか。それは、男性の薄毛と女性の薄毛では原因が異なることがあり、男性用に処方された育毛剤を使っても、女性には効果がないことが多いからです。

男性の薄毛は、主に特定の男性ホルモンの増加によるAGA(男性型脱毛症)がほとんどです。テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンとなって髪の毛の細胞の増殖を抑制して髪の再生を阻害することで起こります。

一方、女性の薄毛は女性ホルモンの減少やホルモンバランスの変化が原因のことが多く、男性の薄毛とはメカニズムが異なります。そのため、男性用の育毛剤や薬を使用しても改善が見られないのです。そのため、女性が薄毛を改善するためには、女性専門の薄毛治療を受ける必要があります。

名古屋で受けられる薄毛専門治療

名古屋には、女性専門の治療を受けられる医療機関がたくさんあります。では、どのような機関で女性専用の薄毛治療が受けられるのかというと、スキンクリニックや整形外科、薄毛治療専門院などがあげられるでしょう。治療方法は投薬治療、育毛剤による治療、毛髪再生医療と大きく3つの方法に分けることができます。

一般的にはこれらの薄毛治療に保険は適用されませんが、自己免疫疾患や火傷などが原因の薄毛の場合には保険が適用されます。自分に合う薄毛専門の医療機関を選ぶ基準は、自分が受けたい治療の実績が豊富で、評判が高いことがバロメーターとなるでしょう。

また、女性の薄毛は様々な要因が重なり合って起こることもあるため、検査もしっかりと行い、医学的な見地から適切な治療を提案してくれるクリニックてあることも大事です。最先端の高額な治療を提案するだけでなく、リーズナブルな治療など選択肢を多く用意してくれるのは良心的なクリニックといえます。

いくつかのクリニックでカウンセリングを受け、医師との相性を確認することも大事です。

内服薬による治療法

名古屋で受けられる薄毛治療で最も一般的なのは、内服薬による治療です。女性に多い脱毛には、びまん性脱毛症、産後脱毛症、牽引性脱毛症の3つがあげられますが、びまん性脱毛症に多く適用される治療法となります。薬においては、AGAの治療でも使用されているミノキシジルを主成分にして成長因子の増加や血流改善を図ったものや、パントテン酸カルシウムやケラチンなどを主成分にして頭皮環境を整えるタイプのものなどがあります。

費用は、1か月分が7000円から1万円が相場です。投薬治療のメリットは、3か月から半年ほどで効果が現れることです。定められた量を忘れずにきちんと飲めば、期待以上の効果を実感できるでしょう。投薬治療のデメリットには、薬の副作用があげられます。

重篤な副作用が報告されているものはありませんが、ミノキシジルを主成分とした薬は発毛作用が高いため、頭髪以外のムダ毛が濃くなることもあります。また、費用も決して安くはないので、継続して服用するにはそれなりの金額が必要です。

外用薬による治療法

名古屋で受けられる薄毛治療には、育毛剤による治療もあります。育毛成分のある塗り薬を頭皮に直接スプレーしたり擦り込んだりして、頭髪の再生を図ります。外用薬においては、ミノキシジルを主成分としているものが多く、頭皮から浸透して体内に入り効果を発揮します。

市販の外用薬もたくさん販売されていますが、クリニックで処方される外用薬は市販のものより有効成分が濃く、より高い効果が得られるのが特徴です。ただし、効果は内服薬よりも弱くなり、効果を実感するまでに半年以上かかるのが一般的です。

外用薬の費用は、1か月から2か月分が6000円から8000円が相場となります。外用薬のメリットは、内服薬よりも効き目が穏やかであるため、初めての薄毛治療でも安心して使用できることがあげられます。ミノキシジルは発毛を促す効果がありますが、ピンポイントで頭皮のみに使用するため、他の部位の毛が濃くなる心配もありません。

外用薬のデメリットは、副作用として痒みが伴うことがあることです。また、効き目が表れるまでに時間がかかることで、同じぐらいの治療費でより早い効果を求めるなら内服薬の方が即効性があるといえます。

毛髪再生医療による治療法

名古屋で受けられる薄毛治療としては、毛髪再生医療もあります。毛髪再生医療は最先端の薄毛治療で、毛髪再生を促すペプチドや様々な有効成分が配合された育毛カクテルを頭皮に注入するという治療法です。注射器を使い一定の間隔で薄毛の気になる頭皮に薬剤を注入しますが、麻酔を使い極細の針での注射なので痛みは感じません。

2週間に1回のペースで注入を行い、4回から6回で1クールが完了します。毛髪再生医療の費用は1回の注入につき4万円から7万円が相場で、1クールで16万円から40万円ほどかかるのが相場です。

毛髪再生医療のメリットは、即効性の高い治療であることです。内服薬よりも高い発毛効果を実感できます。さらに、内服薬と合わせると高い効果が得られるでしょう。しかし、デメリットとしては治療費が高いことがあげられます。

最低でも15万円以上かかるため、経済的負担が大きくなります。

地毛植毛による治療

名古屋の薄毛治療専門院のなかには、地毛植毛の治療が受けられるところもあります。後頭部や側頭部から採取した毛根付きの頭髪を、薄毛の部分に移植するという治療法です。定着すると健康な毛髪として伸びるだけでなく、ヘアサイクルも繰り返します。

費用は植毛する本数によって異なりますが、1000本50万円から70万円が相場です。最も即効性のある治療であるのがメリットですが、その分費用が高いのがデメリットでもあります。

また、1000本植毛するのには、時間にして2時間から4時間ほどと長い時間がかかるのもデメリットです。